リハビリテーション|たちはら整形外科・肩とスポーツのクリニック|明石市人丸前駅の整形外科・リハビリテーション科

〒673-0875 兵庫県明石市大蔵天神町5-16
インスタグラム LINE
ヘッダー画像

リハビリテーション

リハビリテーション|たちはら整形外科・肩とスポーツのクリニック|明石市人丸前駅の整形外科・リハビリテーション科

当院のリハビリテーションについて

当院のリハビリテーションについて

リハビリと聞くと、脳梗塞後や手術後に社会復帰を目指すリハビリをイメージされる方が多いと思います。
平行棒で歩行練習をしている姿です。
または、電気治療やホットパック、首や腰の牽引などの物理療法を思いうかべる方も多いのではないでしょうか?
しかし、当院のリハビリはちょっと違います。
機能解剖学に基づいた運動療法+ファンクショナルローラーピラティス(FRP)の手法を駆使し、痛みの原因となっている身体の問題点を改善しながら、治る力を最大限に引き出し整えます。
また、約140平米の広々としたリハビリ室で、「健康と憩いの空間」を提供します。
 さらに、多くのクリニックでは1セッション20分のリハビリが普通だと思いますが、当院ではできるだけ1セッション40分で、時間をかけた丁寧なリハビリを提供したいと考えています。

機能解剖に基づいた運動療法とは

当院のリハビリの特徴の1つである、「機能解剖に基づいた運動療法」について説明します。
まず「機能解剖」ですが、関節の運動を、関連する筋肉の動きから理解する学問です(本当は、筋肉だけではないのですが説明のために簡略化します。)
機能解剖を理解すると、問題となっている筋肉がわかります。あとは、正確な触診技術とリラクゼーション技術があれば問題の筋肉の動きを修正することで、関節の動きを改善することができます。
多くの痛みは、関節の乱れた動きから生じるので、関節の動きを改善することができれば、痛みを取り除くことができるのです。

ファンクショナルローラーピラティス(FRP)とは

ファンクショナルローラーピラティス

ピラティスとは体幹(コア)の強化や柔軟性の向上に重点をおいたエクササイズであり、マット上で行ったり、特殊な機械を用いたりします。
しかし、マットでのピラティスは、ごまかした動きになってしまうことがあり、身体を正確にコントロールできる上級者向けです。また機械を利用したピラティスはコストが高く、自宅で手軽にできません。
これに対し、我々が行っているファンクショナルローラーピラティス(FRP)は不安定な形状のフォームローラーを使用することにより、動きの方向やターゲットとする筋が明確になり、正確なエクササイズを手軽に行うことができます。
当院では、FRPマスターインストラクターの資格を有する理学療法士も常在しており、インストラクターの養成も行っております。

広々したリハビリ室

約140平米の広々とした明るいリハビリ室で、「健康と憩いの空間」を提供します。
心地よいBGMや、リラックスできるアロマの香りの中で当院自慢のリハビリを体感して頂きたいです。

pagetop